TNR活動とは

TNR(ティーエヌアール)とは、Trap(トラップ)=捕獲する・Neuter(ニューター)=不妊手術・Return(リターン)=猫を元いた場所へ戻す。
記述した頭文字をとってTNR(ティーエヌアール)と言います。

猫は年間に2~3度出産し一度に産まれてくる頭数は3~5頭といわれています。また、糞尿被害や不適切な餌やり、発情期の猫の鳴き声は苦情の最多要因とも言われております。猫は縄張りを持って暮らす生き物です。その場所にいる猫を捕まえて仮に処分をしたとしても又、どこか別の場所から猫が流入して来ます。では、餌を与えなければ...捕まえて別の場所に棄ててくれば...毒物・ワナ等で駆除すれば...という意見をよく耳にしますが餌を与えなければゴミをあさったり餌になる物を盗んだりと生活環境への侵害がおこります。又、捕まえて遺棄するや毒物・ワナ等で駆除する行為は、愛護動物に含まれる猫に於いては動物愛護法違反が適用され懲役または罰金刑に処せられます。

上記の事柄から猫を嫌いな方、思いを寄せる方、排除は好まないが生活環境への侵害は困るという方など様々な方々と猫の共生には縄張りを持って生きる猫の習性を利用して新たな猫の流入を防ぎ飼い主のいない猫(野良猫)を増やさないTNRという方法が国際社会において唯一推奨されている手法なのです。

飼い主のいない猫(野良猫)の寿命は5~7年と言われていますのでTNR活動を継続して行いながら地域猫(地域住民・行政・ボランティアの三者協働)にし見守っていく事こそ飼い主のいない猫(野良猫)の頭数を減少させるTNR活動なのです。

しかしながら猫の不妊手術をするためには、やはり手術代金を工面しなければなりません...費用はボランティアが出せばいいんじゃないか?や好意でやってる人が出してるんだから今のままで...という意見を多く耳にします。現状、個人的に活動されている方や有志の方々が費用負担をしていますがやはり限界があります。

『飼い主のいない猫』に関しては、町会・地域住民・行政が地域、環境問題として取り上げ解決していかなければならない問題なのです。

地域猫活動とは

地域猫とは、『地域住民』・『ボランティア』・『行政』が一体となり協力し取り組む三者協働対策です。

猫も命ある生きものだという考え方で、その地域にお住まいの皆さんの理解と協力のもとに地域で飼い主のいない猫(野良猫)を適正管理しながら共生していくというものです。

具体的には、去勢・不妊手術を行ってこれ以上『飼い主のいない猫』を増やさないようにしたうえで、適切に餌をあたえ捨て猫や別の場所からの流入の有無を見守りながら餌場の管理やトイレの清掃を行って適正に管理していくというものです。 

最近では、地域猫という言葉は全国に広がっております。

ボランティアだけでは、活動にも資金にも限界があり ボランティアはこの活動を通して『地域住民』『行政』の協力を得なければこの活動は成立しないのです。

ボランティアがなんとかしてくれると思っている行政、役所がやるべきと思っているボランティア、 行政やボランティアになんとかしてもらおうと思っている地域住民。これでは、活動の広がりや存続はできません...

『行政』『地域住民』『ボランティア』この三者で正三角形を築いてこその地域猫なのです。飼い主のいない猫(野良猫)の問題は環境問題と言われております。 環境問題だからこそ、三者で協力していかなければならないのです。 誰かがしてくれるだろう...というのではどうにもなりません。協力して働く事!まさに協働です。

他の環境問題では、協力があるのに猫のこととなると、猫好き、猫嫌いという反発しあう者同士の問題になりうまくいきません。

全国各地、猫の問題はどこも同じで三者協働は、これからの課題であると思っております。 手術してエサをやっているだけでは飼い主のいない猫(野良猫)は減らず地域猫とはいえません。地域の方々に認めてもらい管理をして頂けてこそ地域猫と言えるのです。

『行政』『ボランティア』『地域住民』、この正三角形のどれか一つでも欠けてしまえばそれはもう三者協働ではないのです。