皆さん助けてください!!!

昨年末、熱海市某公園の件で【くすのき】にSOSが入りました。

色々と調べた所、ここにご飯をもらいに来る猫の不妊手術は半分以上終わっているにも関わらず、【餌やり禁止のポスター】が貼られ餌やりさんに妨害が!!

猫達は毒餌を撒かれたり刃物で殺傷されたりしています。

熱海保健所と熱海市役所環境課は協力的で残り半分の猫の不妊手術を協力して行う事になっているのですが...

熱海市役所公園緑地課だけが全く協力せずに【餌やり禁止ポスター】の撤去すら行いません💢💢💢

これでは残りの猫の不妊手術も終わらず『地域猫』にもなれずどうしたものか...

『地域猫』と云うと、野良猫を容認するものだ!とか餌やりを助長する事になる!とか言う方もいますが不妊手術をしなければ永遠に野良猫は増え続けてしまいます。

餌やりを禁止すれば野良猫はいなくなる!!!は、果たして本当にそうなのでしょうか?

餌をもらえなくなった猫はよその場所へ移動するだけで何の問題の解決にもならないのです。

『地域猫』とは、地域で増えてしまった野良猫の不妊手術をし新たな猫を増やさない為に野良猫を迷惑に感じるその地域の住民と手術費用の助成や制度の説明を行う行政と手術の為に捕獲等を行うボランティアの三者が一対となって勧める事業なんです。

なのでこういう事態が行政主体で発生するということは大変な問題なんです...



NPOくすのき(Temple Cat)

不幸な命を減らす為、捨て猫の保護・譲渡・TNR(地域猫)などの活動をおこなう非営利団体です。